登録販売者は、薬剤師に次ぐ薬のスペシャリスト。薬事法で認められた公的資格だから不況にも強い資格です。

登録販売者試験対策合格NAVI

2017年度 滋賀県 京都府 兵庫県 和歌山県 登録販売者試験
午前 3章 主な医薬品とその作用

(第1問)
かぜ薬とその有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) トラネキサム酸は、体内での起炎物質の産生を抑制することで炎症の発生を抑え、腫れを和らげる。

b) ブロメラインは、タンパク質分解酵素であり、まれに血痰や鼻血などの出血性の副作用を生じることがある。

c) プソイドエフェドリン塩酸塩はアドレナリン拮抗成分であり、鼻粘膜の充血を和らげ、気管・気管支を拡げる。

d) グリチルリチン酸は、化学構造がモルヒネ骨格に類似していることから、鎮咳作用を示すと考えられている。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第2問)
かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) 小柴胡湯は、まれに重篤な副作用として間質性肺炎、肝機能障害を生じることが知られている。

b) 小青竜湯は、体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、気管支喘息、鼻炎、感冒等に適すとされている。

c) 香蘇散は、構成生薬としてカンゾウを含まない。

d) 葛根湯は、体力虚弱で、神経過敏で気分がすぐれず胃腸の弱いもののかぜの初期、血の道症に適すとされている。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第3問)
解熱鎮痛薬とその有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) アスピリン(アスピリンアルミニウムを含む。)は、胎児や出産時の母体への影響を考慮して、出産予定日の14日前から服用を中止する。

b) イソプロピルアンチピリンは非ピリン系解熱鎮痛成分であるため、ピリン系解熱鎮痛成分の副作用に代表されるピリン疹が生じることはない。

c) イブプロフェンは一般用医薬品において、15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も使用してはならない。

d) アセトアミノフェンは主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第4問)
解熱鎮痛薬に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

 解熱鎮痛薬の有効成分によりプロスタグランジンの産生が抑制されると、胃酸分泌が( a )するとともに胃壁の血流量が( b )して、胃粘膜障害を起こしやすくなる。そうした胃への悪影響を軽減するため、なるべく( c )を避けて服用することとなっている場合が多い。

番号abc
増加増加空腹時
低下低下食後
増加増加食後
低下増加空腹時
増加低下空腹時
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第5問)
解熱鎮痛薬と頭痛に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) 頭痛が頻繁に出現して24時間以上続く場合は、自己治療で対処できる範囲を超えていると判断される。

b) 解熱鎮痛薬は、頭痛の症状が現れないうちから予防的に服用することが適切である。

c) 解熱鎮痛薬の連用により頭痛が常態化することがあるので注意を要する。

d) 解熱鎮痛薬を使用したときは症状が治まるものの、しばらくすると頭痛が再発し、解熱鎮痛薬が常時手放せないような場合には、薬物依存が形成されている可能性も考えられる。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第6問)
眠気を促す薬とその有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) 妊娠中にしばしば生じる睡眠障害は、ホルモンのバランスや体型の変化等が原因であり、抗ヒスタミン成分を主薬とする睡眠改善薬の適用対象ではない。

b) ブロムワレリル尿素は少量でも眠気を催しやすく、それにより重大な事故を招くおそれがあるため、使用した後は、乗物や危険を伴う機械類の運転操作は避ける必要がある。

c) 15歳未満の小児では、抗ヒスタミン成分により神経過敏や中枢興奮などの副作用が起きやすいため、抗ヒスタミン成分を含有する睡眠改善薬の使用は避ける。

d) 生薬成分のみからなる鎮静薬や漢方処方製剤の場合は、飲酒を避けることとはなっていないが、アルコールが睡眠の質を低下させ、医薬品の効果を妨げることがある。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第7問)
眠気防止薬とその有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) カフェインは腎臓におけるナトリウムイオンの再吸収促進作用があり、尿量の増加をもたらす。

b) カフェインの血中濃度が最高血中濃度の半分に低減するのに要する時間は、通常の成人が約80時間であるのに対して、乳児では約3.5時間と短い。

c) カフェインには、作用は弱いながら反復摂取により依存を形成するという性質がある。

d) 眠気防止薬は、一時的に精神的な集中を必要とするときに、眠気や倦怠感を除去する目的で使用されるものであり、疲労を解消したり、睡眠が不要になるというものではない。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第8問)
乗物酔いと鎮暈薬に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) 抗ヒスタミン成分は、中脳にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える作用を示す。

b) ジフェニドール塩酸塩は、副作用として、頭痛、排尿困難、散瞳による異常な眩しさ、口渇のほか、浮動感(体がふわふわと宙に浮いた感じ)や不安定感(体がぐらぐらする感じ)等が現れることがある。

c) 鎮暈薬(乗物酔い防止薬)と総合感冒薬は、配合成分が重複しないので、併用は避ける必要はない。

d) 3歳未満では自律神経系が未発達であるため、乗物酔いが起こることはほとんどないとされている。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第9問)
小児鎮静薬とその有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) ゴオウは緊張や興奮を鎮め、また、血液の循環を促す作用等を期待して用いられる。

b) ジンコウは、鎮静、健胃、強壮などの作用を期待して用いられる。

c) 小建中湯は、乳幼児に使用される場合には、体格の個人差から体重当たりのグリチルリチン酸の摂取量が多くなることがある。

d) 漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合であっても、生後3ヶ月未満の乳児には使用しないこととされている。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第10問)
鎮咳去痰薬とその有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) ジプロフィリンは、自律神経系を介さずに気管支の平滑筋に直接作用して弛緩させ、気管支を拡張させる。

b) ジメモルファンリン酸塩は、粘液成分の含量比を調整し痰の切れを良くする。

c) ハンゲは、中枢性の鎮咳作用を示す生薬成分として配合されている場合がある。

d) 麦門冬湯は、体力中等度以下で、水様痰の多い人に適すとされている。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第11問)
口腔咽喉薬、含嗽薬とそれらの有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) トローチ剤は、有効成分が口腔内や咽頭部にはやく行き渡るよう、口中に含み、噛み砕いて使用することが重要である。

b) 含嗽薬は、口内炎などにより口腔内にひどいただれがある人では、循環血流中への移行による全身的な影響も生じやすくなる。

c) 炎症を生じた粘膜組織の修復を促す作用を期待して、クロルヘキシジングルコン酸塩が配合されている場合もある。

d) ヨウ素系殺菌消毒成分が配合された含嗽薬では、お茶などに含まれるビタミンC等の成分と反応するとヨウ素の殺菌作用が失われるため、そうした食品を摂取した直後の使用や混合は避けることが望ましい。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第12問)
胃腸に作用する薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) 制酸薬は、胃液の分泌亢進による胃酸過多や、それに伴う胸やけ、腹部の不快感、吐きけ等の症状を緩和することを目的とする。

b) 健胃薬に配合される生薬成分は、独特の味や香りを有し、胃液の分泌を促して胃の働きを活発にする作用があるとされている。

c) 消化薬は、炭水化物、脂質、タンパク質等の分解に働く酵素を補う等により、胃や腸の内容物の消化を助けることを目的とする。

d) 健胃薬、消化薬、整腸薬又はそれらの目的を併せ持つものには、医薬部外品として製造販売されている製品はない。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第13問)
健胃薬とその有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) オウバク、オウレン、ゲンチアナ、リュウタンは、いずれも苦味による健胃作用を期待して用いられる。

b) センブリは、クスノキ科のシンナモムム・カッシアの樹皮又は周皮の一部を除いたものを基原とする生薬で、香りによる健胃作用を期待して用いられる。

c) ユウタンは、クマ科のヒグマその他近縁動物の胆汁を乾燥したものを基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられるほか、消化補助成分として配合される場合もある。

d) 味覚や嗅覚に対する刺激作用による健胃成分として、乾燥酵母やカルニチン塩化物が配合されている場合がある。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第14問)
整腸薬とその有効成分に関する記述について、誤っているものはどれか。

番号解答
整腸薬は、腸の調子や便通を整える、腹部膨満感、軟便、便秘に用いられることを目的とする医薬品である。
腸内細菌のバランスを整えることを目的として、ビフィズス菌、ラクトミン、乳酸菌等の生菌成分が用いられる。
日本薬局方収載のケツメイシ、ゲンノショウコは、煎薬として整腸、腹部膨満感等に用いられる。
トリメブチンマレイン酸塩は、腸管内の異常発酵等によって生じた有害な物質を吸着させることにより、消化管の運動を調整する作用があるとされている。
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第15問)
瀉下薬とその有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) センナ、センナから抽出された成分であるセンノシド、ダイオウは、小腸を刺激して排便を促すことを目的として用いられる。

b) 酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることで、糞便中の水分量を増し、また、大腸を刺激して排便を促す。

c) カサントラノールは、吸収された成分の一部が乳汁中に移行することが知られており、乳児に下痢を生じるおそれがある。

d) ビサコジルは、大腸のうち特に結腸や直腸の粘膜を刺激して、排便を促すと考えられている。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第16問)
胃腸鎮痛鎮痙薬とその有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) 抗コリン成分の作用は消化管に限定されないため、縮瞳により視界が暗くなったり、発汗等の副作用が現れることがある。

b) ブチルスコポラミン臭化物については、まれに重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)を生じることが知られている。

c) パパベリン塩酸塩は、アセチルコリンと受容体の反応を妨げることで胃腸の痙攣を鎮める作用を示すとされている。

d) アミノ安息香酸エチルは、局所麻酔成分であるため、痛みが感じにくくなることで重大な消化器疾患や状態の悪化等を見過ごすおそれがある。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第17問)
浣腸薬に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) 便秘の場合に排便を促すことを目的として、結腸内に適用される。

b) 浣腸薬は、繰り返し使用しても、直腸の感受性の低下は生じない。

c) 腹痛が著しい場合や便秘に伴って吐きけや嘔吐が現れた場合は、急性腹症の可能性があり、浣腸薬の配合成分の刺激によってその症状を悪化させるおそれがある。

d) 浣腸薬の剤形には、注入剤のほか、坐剤となっているものもある。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第18問)
駆虫薬とその有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) 駆虫薬は、腸管内の寄生虫を駆除するために用いられる医薬品であり、一般用医薬品の駆虫薬が対象とする寄生虫は、回虫、蟯虫と条虫である。

b) 複数の駆虫薬を併用しても駆虫効果が高まることはなく、組み合わせによってはかえって駆虫作用が減弱することもある。

c) サントニンは、アセチルコリン伝達を妨げて、回虫及び蟯虫の運動筋を麻痺させる作用を示す。

d) パモ酸ピルビニウムは、蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示すとされている。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第19問)
強心薬の有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) センソは、ヒキガエル科のシナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたものを基原とする生薬で、微量で強い強心作用を示す。

b) シンジュは、ウグイスガイ科のアコヤガイ、シンジュガイ等の外套膜組成中に病的に形成された顆粒状物質を基原とする生薬で、鎮静作用等を期待して用いられる。

c) ロクジョウは、シカ科のマンシュウアカジカ又はマンシュウジカの雄のまだ角化していない、若しくは、わずかに角化した幼角を基原とする生薬で、強心作用の他、強壮、血行促進等の作用があるとされている。

d) リュウノウは、中枢神経系の刺激作用による気つけの効果を期待して用いられる。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第20問)
高コレステロール改善薬とその有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) 高コレステロール改善薬は、血中コレステロール異常の改善、血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害の緩和等を目的として使用される。

b) ソイステロールは、低密度リポタンパク質(LDL)等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、高密度リポタンパク質(HDL)産生を高める作用があるとされている。

c) 血中コレステロール異常の改善は、生活習慣の改善が図られることが重要であり、高コレステロール改善薬の使用による対処は、食事療法、運動療法の補助的な位置づけである。

d) ビタミンB1は、コレステロールから過酸化脂質の生成を抑えるほか、末梢血管における血行を促進する作用があるとされている。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第21問)
貧血用薬とその有効成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) 鉄製剤を服用すると便が黒くなることがある。

b) マンガンは、糖質・脂質・タンパク質の代謝をする際に働く酵素の構成物質であり、エネルギー合成を促進する目的で、硫酸マンガンが配合されている場合がある。

c) ビタミンB12は、消化管内で鉄が吸収されやすい状態に保つことを目的として用いられる。

d) 鉄分の吸収は空腹時のほうが高いとされているが、消化器系への副作用を軽減するために、鉄製剤は、食後に服用することが望ましい。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第22問)
痔疾用薬とその有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) 外用痔疾用薬は局所に適用されるものであるが、坐剤及び注入軟膏では、成分の一部が直腸粘膜から吸収されて、全身的な影響を生じることがある。

b) 熱感刺激を生じさせるカンフルは、局所への穏やかな刺激によって痒みを抑える効果を期待して配合されている場合がある。

c) ステロイド性抗炎症成分が配合された坐剤及び注入軟膏では、その含有量によらず長期連用を避ける必要がある。

d) セイヨウトチノミは、ムラサキ科のムラサキの根を基原とする生薬で、新陳代謝促進、殺菌、抗炎症等の作用を期待して用いられる。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第23問)
婦人薬とその有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) 妊娠中の女性ホルモン成分の摂取によって胎児の先天性異常の発生が報告されており、妊婦又は妊娠していると思われる女性では使用を避ける必要がある。

b) 月経を促す作用を期待して、ブクリョウが配合されている場合がある。

c) ジオウは、ゴマノハグサ科のアカヤジオウ等の根又はそれを蒸したものを基原とする生薬である。

d) 人工的に合成された女性ホルモンの一種であるアミノエチルスルホン酸は、膣粘膜又は外陰部に適用されるものがある。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第24問)
婦人薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) 温清飲は、まれに重篤な副作用として、肝機能障害を生じることが知られている。

b) 桂枝茯苓丸は、体の虚弱な人に適すとされている。

c) 四物湯は、体力中等度以上で、のぼせて便秘しがちなものの月経不順、月経困難症に適すとされている。

d) 医師の治療を受けている人では、婦人薬を使用する前に、その適否につき、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相談がなされるべきである。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第25問)
アレルギーに関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、2箇所の( b )内は、いずれも同じ字句が入る。

 アレルゲンが皮膚や粘膜から体内に入り込むと、その物質を特異的に認識した( a )によって肥満細胞が刺激され、細胞間の刺激の伝達を担う生理活性物質である( b )やプロスタグランジン等の物質が遊離する。肥満細胞から遊離した( b )は、周囲の器官や組織の表面に分布する特定のタンパク質と反応することで、血管( c )、血管透過性亢進等の作用を示す。

番号abc
ヒスタミンアドレナリン拡張
ヒスタミンアドレナリン収縮
免疫グロブリンアドレナリン収縮
免疫グロブリンヒスタミン収縮
免疫グロブリンヒスタミン拡張
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第26問)
抗アレルギー薬の有効成分等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) 抗ヒスタミン成分によりヒスタミンの働きが抑えられると眠気が促される。

b) 皮膚や鼻粘膜の炎症を和らげることを目的として、カンゾウが配合されている場合がある。

c) メチルエフェドリン塩酸塩は、血管収縮作用により痒みを鎮める効果を期待して、アレルギー用薬でも用いられることがある。

d) プソイドエフェドリン塩酸塩は、中枢神経系に対する作用がない。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第27問)
アレルギーの治療に使われる漢方処方製剤に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) 消風散は、鼻の症状を主とする人に適すとされている。

b) 茵蔯蒿湯は、体力中等度以上で口渇があり、尿量少なく、便秘するものの蕁麻疹、口内炎、皮膚の痒みに適すとされている。

c) 十味敗毒湯は、比較的体力があるものの鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎に適すとされている。

d) 辛夷清肺湯は、体力中等度以上で、濃い鼻汁が出て、ときに熱感を伴うものの鼻づまり、慢性鼻炎、蓄膿症に適すとされている。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第28問)
コンタクトレンズ使用時の点眼法に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、2箇所の( a )内は、いずれも同じ字句が入る。

 コンタクトレンズをしたままでの点眼は、( a )、( b )に関わらず、添付文書に使用可能と記載されてない限り行うべきでない。
 通常、( a )は水分を含みやすく、防腐剤などの配合成分がレンズに吸着されて、( c )に障害を引き起こす原因となるおそれがあるため、装着したままの点眼は避けることとされている製品が多い。

番号abc
ハードコンタクトレンズソフトコンタクトレンズ角膜
ハードコンタクトレンズソフトコンタクトレンズ結膜
ソフトコンタクトレンズハードコンタクトレンズ角膜
ソフトコンタクトレンズハードコンタクトレンズ結膜
ハードコンタクトレンズソフトコンタクトレンズ網膜
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第29問)
目に用いる医薬品等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) コンタクトレンズ装着液には、医薬部外品として認められているものがある。

b) 点眼薬は、容器が開封されてから長期間を経過しても、使用に支障はない。

c) 眼科用薬においても、全身性の副作用が現れることがある。

d) 医師から処方された点眼薬と一般用医薬品の点眼薬を併用しても、治療中の疾患に影響は生じない。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第30問)
目の治療に用いる薬の有効成分に関する記述について、誤っているものはどれか。

番号解答
ネオスチグミンメチル硫酸塩は、コリンエステラーゼの働きを抑え、目の調節機能を改善する効果を目的として用いられる。
イプシロン-アミノカプロン酸は、炎症の原因となる物質の分解を促進する作用を示す。
アラントインは、炎症を生じた眼粘膜の組織修復を促す作用を期待して配合されている場合がある。
コンドロイチン硫酸ナトリウムは、結膜や角膜の乾燥を防ぐことを目的として用いられる。
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第31問)
皮膚の治療に用いる薬とその有効成分に関する記述について、誤っているものはどれか。

番号解答
外皮用薬を使用する際には、表皮の角質層が柔らかくなる入浴後に用いるのが効果的とされている。
ヨウ素の殺菌力はアルカリ性になると低下するため、石鹸と併用する場合には、石鹸分をよく洗い落としてから使用するべきである。
外皮用薬で用いられるステロイド性抗炎症成分は、広範囲に生じた皮膚症状の緩和を目的とするものである。
インドメタシンを、妊娠末期のラットに経口投与した実験において、胎児に動脈管の収縮が見られたとの報告がある。
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第32問)
歯痛・歯槽膿漏とそれらに用いられる医薬品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a) 歯痛は、多くの場合、歯の齲蝕とそれに伴う歯髄炎によって起こる。

b) 歯痛薬は、歯の齲蝕による歯痛を応急的に鎮め、歯の齲蝕を修復する医薬品である。

c) 歯肉炎が重症化して、炎症が歯周組織全体に広がると歯周炎(歯槽膿漏)となる。

d) イソプロピルメチルフェノールは、炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える作用を期待して配合されている。

番号abcd
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第33問)
口内炎及び口内炎用薬の有効成分に関する記述について、誤っているものはどれか。

番号解答
口内炎は、口腔粘膜に生じる炎症で、口腔の粘膜上皮に水疱や潰瘍ができて痛み、ときに口臭を伴う。
口内炎は、通常であれば1~2週間で自然寛解するが、一度に複数箇所に発生して食事に著しい支障を来すほどの状態であれば、医療機関を受診するなどの対応が必要である。
セチルピリジニウム塩化物は、口腔粘膜の組織修復を促す作用を期待して用いられる。
一般用医薬品の副作用として口内炎が現れることがある。
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第34問)
禁煙補助剤とその有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

a) 咀嚼剤である禁煙補助剤は、大量に使用することにより禁煙達成が早まる。

b) 非喫煙者では、一般にニコチンに対する耐性がないため、誤って使用されると吐き気、めまいなどの症状が現れやすい。

c) 禁煙補助剤は、口腔内が酸性になると、ニコチンの吸収が増加するため、口腔内を酸性にする食品を摂取した後しばらくは使用を避けることとされている。

d) 妊婦、妊娠していると思われる女性又は母乳を与える女性は、禁煙補助剤の使用を避ける必要がある。

番号解答
( a , b )
( a , c )
( b , d )
( c , d )
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第35問)
滋養強壮保健薬として用いられるビタミンAに関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

 ビタミンA主薬製剤は、( a )、ビタミンA油、肝油等が主薬として配合された製剤で、目の乾燥感の緩和、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時等のビタミンAの補給に用いられる。一般用医薬品におけるビタミンAの1 日分量は( b )国際単位が上限となっている。

番号ab
レチノールパルミチン酸エステル10000
エルゴカルシフェロール6000
トコフェロール6000
レチノールパルミチン酸エステル4000
エルゴカルシフェロール10000
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第36問)
滋養強壮保健薬の配合成分について、正しいものはどれか。

番号解答
システインは、皮膚におけるメラニンの生成を抑える。
ヘスペリジンは、骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す。
コンドロイチン硫酸は、ビタミン様物質で、ビタミンCの吸収を助ける。
グルクロノラクトンは、軟骨成分を形成及び修復する。
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第37問)
次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。

 体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの肥満に伴う関節痛、むくみ、多汗症、肥満(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)に適すとされ、構成生薬としてカンゾウを含む。まれに重篤な副作用として肝機能障害、間質性肺炎、偽アルドステロン症が起こることが知られている。

番号解答
黄連解毒湯
防已黄耆湯
防風通聖散
大柴胡湯
清上防風湯
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第38問)
消毒薬の誤用・事故等による中毒への対応に関する記述について、誤っているものはどれか。

番号解答
誤って飲み込んだ場合、一般的な家庭における応急措置として、通常は多量の牛乳などを飲ませる。
酸やアルカリが目に入った場合は、直ちに酸はアルカリで、アルカリは酸で中和するといった処置が適切である。
誤って皮膚に付着した場合、流水をかけながら着衣を取り、石鹸を用いて流水で皮膚を十分に(15分間以上)水洗する。
誤って吸入し、意識がない場合は、新鮮な空気の所へ運び出し、人工呼吸などをする。
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第39問)
次の記述にあてはまる殺虫成分として、最も適切なものはどれか。

除虫菊の成分から開発されたもので、比較的速やかに自然分解して残効性が低いため、家庭用殺虫剤に広く用いられている。

番号解答
ジクロルボス
オルトジクロロベンゼン
メトプレン
ペルメトリン
フェニトロチオン
ヒント表示 解説表示 解答確認
(第40問)
一般用検査薬に関する記述について、誤っているものはどれか。

番号解答
一般用検査薬は、薬局や店舗販売業等において取り扱うことが認められている。
一般用検査薬は、対象とする生体物質を特異的に検出するように設計されている。
一般用検査薬の検出反応が起こるための最低限の濃度を検出感度(又は検出限界)という。
一般用検査薬の検査に用いる検体としては、血液が用いられ、鼻汁や唾液などは用いられない。
ヒント表示 解説表示 解答確認